初節句お祝い女の子のやり方は?食事会や料理はどうすればいいの?

子どもが生まれるとお七夜、お宮参り、お食い初めとお祝いの行事がたくさんありますが、その中のお祝い行事の一つが初節句です。
お子様が初めて迎える節句を初節句といい、女の子は桃の節句(3月3日)にひな人形を飾ったり、男の子は端午の節句(5月5日)に兜やこいのぼりを飾って健やかな成長と幸せを願いお祝いをすることです。

ひな祭りやこどもの日でお馴染みですが、初節句としてお祝いするにはどうしたらいいのかわからないというママやパパは多いのではないでしょうか。

そこで今回は、女の子の初節句のやり方や食事会の料理は何を用意すればいいのかなどをご紹介していきますね。

  

女の子の初節句はいつするの?

初節句とはその名の通り、赤ちゃんが生まれて初めて迎える節句のことです。
初めての節句を無事に迎えられたことに感謝し、これからの健やかな成長を祈ってお祝いします。

初節句はお宮参りのように決まった日におこなうということはありません。というのは、2月生まれの女の子では、生後間もない時期に初節句を迎えることになるので、母子の健康や節句の準備をする時間を考えると初節句を翌年にするという方が一般的です。
特に決まりはないので、赤ちゃんの成長を見ながら準備してくださいね。

女の子の初節句のやり方は?何をすればいいの?

初節句のお祝いでは、特にこれをしなくてはいけないという決まりごとはありませんが、子どもを囲んで楽しく食事会をするのが一般的です。
昔ながらの風習やご家庭によっても異なりますが、女の子の初節句は次のようなことを行うご家庭が多いですよ。

【桃の節句の飾りつけをする】

雛人形を飾る
昔は、母方の両親が雛人形を贈るという習慣がありましたが、最近では双方の両親がお金を包みパパやママがそのお金で雛人形を買うということも多いようです。
祖父母の意見を取り入れながら雛飾りを購入すると良いですよ。

雛人形を飾る時期と片付ける時期は、立春から2月中旬ごろまでに飾ると良いとされ、3月3日を過ぎたらなるべく早めにしまうと良いでしょう。
しまうのが遅くなると婚期が遅れるという言い伝えがありますから。

◇雛人形 ケース飾り◇

こちらのケース飾りの雛人形は、コンパクトサイズでコスパもよく、4種類の絵柄から選べると人気がありますよ。

名前旗を飾る
雛人形のかたわらに名前旗を飾るご家庭もあるようですよ。

◇コンパクト名前旗◇

女の子2種類、男の子3種類から選べますよ。

羽子板を飾る
羽子板は、赤ちゃんの初正月に準備することが多いですが、初節句に飾ることもあります。羽子板には「魔をはね(羽根)のける」という意味から、邪気を払うといわれている縁起物です。
雛人形の隣や、雛人形の代わりに飾ったりそれぞれのご家庭に合った形で良いでしょう。

こちらのケース飾り羽子板は、シックな色のケースにピンクの衣装や表情が可愛らしい羽子板です。
落ち着いた感じで部屋にも合うと喜ばれていますよ。

【食事会をする】

食事会はパパとママだけで祝う家庭もあれば、お家に祖父母、親せきを呼んでお祝いしたり、場所にも決まりがないのでお店を予約して行うというご家庭もあるようですよ。

自宅で初節句をする場合、みんなが集まってただ食事をするだけでは、間が持たないし味気ない会で終わってしまうことも。
そこで、伝統的な料理以外でもデザートやケーキなどを用意して、記念写真を撮ったり、これまでの成長記録ビデオを上映するなどするといいですよ。

1歳前後の子どもってまだまだ手がかかるし、お家に両親を呼ぶとなると準備だけでも大変ですよね。
でも、初節句の主役はお子様です。おじいちゃんおばあちゃんに順番に子供の世話をしてもらうのも一つの手です。

私もそうでしたが、おじいちゃんおばあちゃんにとって孫と遊んだりあやしている時って嬉しいんですよ♪

お祝いでは、赤ちゃんも初節句らしい衣装にお着替えさせればもっと華やかになりますよ。

3色から選べる袴風ロンパースは、ママにうれしい着せ方簡単!オムツ替えもラクラク♪
綿100%で赤ちゃんの肌にも安心ですよ。

離乳食が始まっているお子様は、大人と一緒に食べることになるので、動きやすい衣装を選んであげるといいですよ。

【写真撮影】

今ではいろんなイベント事の記念に写真スタジオで撮影してもらう方も多いですよね。
しかし、初節句の当日に行くのはなかなか難しいんではないでしょうか。
そんな時は、自宅で、被布(ひふ)を着せて写真撮影するという方法もあります。

初節句の雰囲気や赤ちゃんの成長記録として、お祝い着姿を写真に収めるだけで十分ですよ。
自宅ならではのリラックスした、赤ちゃんの表情豊かな写真を撮れるんですから。

◇初節句祝着:金襴被布スタンド付◇

◇ふっくら綿入り 初節句 被布着飾台付き◇

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

雛人形 ひな人形 ひな祭り 被布着 手まり 初節句
価格:3800円(税込、送料別) (2019/1/22時点)

女の子の初節句のお祝い料理は?

初節句では、赤ちゃんの成長を祝うために縁起物とされる食材を使った料理を食べることが一般的です。

【ちらし寿司】
ちらし寿司には縁起が良いとされている食材を使います。
えびは長生き、豆は健康でまめに働ける、れんこん(はす)は穴が開いているので見通しの良い人生という意味があるそうなのでよく使われます。

【はまぐり(蛤)のお吸い物】
はまぐりなどの二枚貝は、対の貝殻しか合わないことから、仲の良い夫婦を表し、良い結婚相手にめぐりあえるよう願いが込められています。

【菱餅】
桃の節句(ひな祭り)には欠かせないとされるのが菱餅です。
3色の餅を重ねてひし形に切ったもので、緑は長寿や健康、白は清浄や純白、ピンクは桃の花や魔よけを意味しています。

【ひなあられ】
ひなあられは、菱餅を外で食べられるように小さく砕いて作ったものなので、菱餅と同じ色をしているといわれています。

ひなあられや菱餅を雛人形と一緒に飾りつけすれば、桃の節句の雰囲気が華やかになりますよ。

【白酒(しろざけ)】
昔は桃の花をお酒につけた桃花酒(とうかしゅ)が飲まれていましたが、江戸時代に白酒が流行したことから、白酒が飲まれるようになったそうです。
白酒にはアルコールが含まれているので、お子様にはノンアルコールの甘酒を用意してくださいね。

しかし、全て用意することが難しい!という方もいらっしゃますよね。
そんな時は、宅配や通販などを利用する。という方法もありますので、できる範囲でお祝いにちなんだ料理を用意すると良いですよ。

ちなみに、離乳食が始まった赤ちゃんの食事は、菱餅に使われるピンク、白、緑の3色でアレンジしてあげれば桃の節句の雰囲気がでますよ。

ご自分で作ってみたいという方は、こちらのセットでトライしてみてください。

◇鯛 ちらし寿司 祝い善セット◇

詳しいレシピが付いているので心配なさそうですし、赤ちゃんの面倒を見ながら大変なのでは?と思っていたママさんでも作れて、祖父母や子どもも喜んで食べてくれたというママさんもたくさんいましたよ。

◇ひな祭り スイーツロールケーキ◇

◇ひな祭り アイスケーキ ひし形◇

こちらのアイスケーキは、卵や小麦を使っていないのでご家族みんなで楽しく食べられますよ。
すぐに食べない時は、冷凍庫で保存すれば、約10週間もつようです。

どちらも桃の節句にぴったりの可愛らしいスイーツです。初節句のお子様はまだ食べられないかもしれませんが、写真を撮ったり楽しめるので記念に残るのではないでしょうか。

さいごに

女の子の初節句のやり方や料理をご紹介しました。
いかがでしたか?

桃の節句は毎年やってくるものですが、初節句は一度きりのお祝いです。
初めて飾る雛人形やお祝いの食事は、主役の赤ちゃんと一緒に写真におさめて記念に残しておきましょう。

初節句のやり方は風習やそれぞれのご家庭によって考え方は違いますが、移り変わる時代の中でも子どもの成長を願う気持ちは変わりませんよね。
子供の健やかな成長を願ってみんなで楽しくお祝いするというのが目的なので、あまり無理をせずにお料理はデリバリーにするというのも一つの方法です。

心をこめて準備して、楽しいお祝い会の思い出をつくってくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする